目覚まし時計

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国がTPP加入を前向きに検討、米国も歓迎=米中投資協定締結で両国経済関係さらに発展へ―

<<   作成日時 : 2015/11/28 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51974687.html
転載

TPPは中国包囲網だなどとバカげたことを言ってTPPを推し進めてきた人たちに騙された日本人も多いのではないでしょうか。
TPPがNWOの一環だということを知れば、TPPがいかに怪しい協定かということが分かります。中国が将来的にTPPに加入することなど最初からわかっていたこと。
何しろ、TPPを推し進めた米シオニストは中国とずぶずぶの関係ですから。
南沙諸島や尖閣諸島で米軍は人民軍と戦うわけがありません。結局、アメリカが妥協し、徐々に中国の実効支配を許すでしょう。
TPPは様々な重大問題を発生させます。TPPは国家主権を脅かすだけでなく、食品だけを見ても、日本の農産物が輸出用に回され、日本人は国産をあまり食べられなくなり、海外から怪しい食品(遺伝子組み換え、農薬まみれ、ばい菌まみれ、添加物まみれ、の汚染食品)が大量に日本に入ってきて、日本人は日常的に何を食べているのかも分からず、知らず知らずに健康が害されることになります。

アメリカの連邦議会でTPPが否決されることを祈るばかりです。
中国が加入すると同時に日本は一抜けた、で離脱すべきです。

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=123576
(転載)

中国がTPP加入を前向きに検討、米国も歓迎=米中投資協定締結で両国経済関係さらに発展へ―米首席国務次官補代理が明かす

2015年11月19日、カート・トン米首席国務次官補代理(経済担当)が日本記者クラブで講演した。「中国はTPP(環太平洋連携協定)への加入を前向きに検討しており、我々も意を強くしている」と指摘、中国のTPP加盟を歓迎する方針を示した。その上で、中国とは2国間投資協定交渉を進めており、締結されれば、「米中経済関係は透明性や予見可能性などが向上しさらに発展する」と強調した。発言要旨は次の通り。

中国はTPP(環太平洋連携協定)への加入を前向きに検討しており、我々も意を強くしている。TTPについて、中国はかつて、「(各国が)中国封じ込めを狙っている」など消極的な見解を表明していたが、今は中国の主要な高官がきちんと対応している。TPPは中国も含めたアジア太平洋地域のすべての国民にチャンスをもたらすと理解されているのは嬉しいことだ。最近上海を訪問し、中国の友人と興味深い話をしてきた。彼らも(TPPの有用性は)十分わかっている。

中国とはTPP交渉の以前から、貿易投資に関する透明性、開放性、非関税、最恵国待遇などの問題などを協議している。中国には、より真剣に高い理想を持って貿易フレームワークを自らのものとして検討してもらえれば嬉しい。

米国は中国と二十数項目にわたる2国間投資協定交渉を進めており、締結されれば米中経済関係は透明性や予見可能性などが向上しさらに発展する。米中は誠意を持って交渉に臨んでいる。(八牧浩行)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
中国がTPP加入を前向きに検討、米国も歓迎=米中投資協定締結で両国経済関係さらに発展へ― 目覚まし時計/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる