目覚まし時計

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍内閣は有言不実行内閣〜!

<<   作成日時 : 2015/10/22 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


ニャゴシャの気になる時事ブログ
http://ameblo.jp/trefle11216/entry-12086689411.html
転載

農業協同組合新聞 2015年10月21日
http://www.jacom.or.jp/column/2015/10/151021-28333.php

[コラム:森田実] 安倍首相に問いますー臨時国会を開かなくてよいのですか?

「君子は言に訥にして行いに敏ならんと欲す」(孔子)

 安倍首相は「言葉」先行、「実行」後回しの政治家です。安倍内閣は手練手管を多用する政権です。有言不実行内閣です。安倍内閣は国民の人気ばかり気にしています。マスコミ報道を異常に気にする政権です。めまぐるしく新しい言葉を打ち出し、サプライズを狙い、マスコミを動かして大宣伝し、国民の目をくらませています。このような政府は、平時では国民の批判を受けて、安定しませんが、独裁政権のもとであれば、安定可能です。いまの日本の政界は安倍首相独裁の状況です。

 安倍内閣は通常国会でかなり無理をして強引に安保法制を成立させました。ところが通常国会が終了すると、すぐさま一転して、掌を返すように、あたかも安保法制の大混乱を忘れてしまったかのように、突然、「経済第一」の政策を打ち出しました。新しいスローガンは「1億総活躍社会」です。具体的手段のない意味不明のスローガンです。

 安倍首相は「アベノミクスは第二ステージに入った」と宣言しましたが、今までの「アベノミクスの第一ステージ」についての何らの総括も反省もありません。第一ステージの評価もなく、軽すぎる方向転換です。あまりにも無責任です。その上で新しい3本の矢を打ち出しました。第一の矢は「GDPを600兆円にする」、第二の矢は「希望出生率1.8の実現」、第三の矢は「介護離職ゼロをめざす」です。いずれも主観的・観念的なもので、具体策もなく、一般国民にはほとんど理解ができない政策です。しかも実行の時期は、安倍首相の自民党総裁の任期の終了時よりもずっと先です。絵に画いた餅ばかり並べています。安倍内閣は宣伝ばかりの内閣です。

 TPP大筋合意を受けての国内対策は無責任と言ってよいほど具体的な対策はなく、泥縄的です。安倍首相は「TPP交渉にあたっての国会決議は守った」と大見得を切っていますが、農業関係者のほとんどは納得していません。農業者は政治に裏切られているばかりで、政府を信ずることができなくなっています。いままでの「守りの農業」から「攻めの農業」へ、と叫んでいますが、空理空論にすぎません。

(以下略)


安倍内閣は、有言不実行内閣〜!

100%同意でござる。

言葉だけはいっつも力強いが、それだけ・・・・・

国民の皆様に丁寧に説明をしていくっつー言葉は何度も聞いたが、実行されたためしは無し。

不誠実内閣とも言ってよし〜!

あと、厚顔嘘ツキ内閣とも言えるか〜!

近々のウソは、TPP大筋合意で、国会決議を守ったというやつねぇ。

重要5品目の牛肉やらの関税は0では無いが、相当低くしてしまったのに何が守っただよ!

甘利大臣は1センチも譲らないっつってたじゃん。

まぁ面の皮の厚いことにびっくりするよー!

いまだデフレ脱却してないし、アベノミクスだって成功なんてしてないのに、それを絶対に認めやしないからさぁ。

そうしながらアベノミクス第2ステージとか言って、目くらまし・・・・・

財界からもGDP600兆円は現実的じゃあないという意見が多数出てるよね。

あの安倍応援団の財界からもだよ。

どうせ自分が首相の間の話じゃないから、話を大きくしといてもオッケーってか?

でも、GDP600兆円に数字上で近づかせる方法があるとか、ネット記事で読んだんだよね。

そういう裏ワザがあるから晋三さんは、GDP600兆円の大風呂敷広げたのかも・・・・

あの人ならやりかねないと思ってしまう、秋の夕暮れでござる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
安倍内閣は有言不実行内閣〜!  目覚まし時計/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる