目覚まし時計

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ、TPA法案可決・・・

<<   作成日時 : 2015/06/25 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニャゴシャの気になる時事ブログ
http://ameblo.jp/trefle11216/entry-12043007703.html
転載

ウォールストリートジャーナル 2015年6月25日

米TPA法案可決、次の難題は「TPP」承認 国内で反対強く

米上院本会議が24日、環太平洋連携協定(TPP)交渉に不可欠とされる大統領貿易促進権限(TPA)法案を可決したことで、ホワイトハウスと共和党にとって大きな勝利となった。だが今後はTPP成立に向け、国内での反対に直面するなかで議会の最終承認にこぎつけるまで、数カ月にも及ぶ困難な道のりが始まる。

 オバマ大統領は数日中にTPA法案に署名し発効させるとみられる。ピーターソン国際経済研究所の上級貿易専門家であるゲーリー・ハフバウアー氏は「勝利は手の届くところにあると思うのは大きな間違いだ」とし、大統領にTPAが付与されたことは「劇の第2幕の始まり」にすぎないとくぎを刺す。

 TPAが発効すれば、貿易法案について議会は修正できず、一括審議・採決することになる。

 TPP支持派は早くも先行きを懸念している。TPPが法案として議会に上程されても、来年の大統領選・議会選を控えて左派、右派双方から攻撃され、法案の成立がTPAよりはるかに難しくなる可能性があるからだ。

 TPPは、自動車や乳製品、食肉を含む多くの製品の関税障壁などを低減または撤廃するほか、労働や環境、医薬品や映画の知的所有権のルールを加盟国で統一することを目指している。

TPP交渉では、まだいくつかの問題が積み残しとなっているが、早ければ7月にも合意が成立するとみられる。しかし法的・事務的な手続きがあるため、議会で採決されるのは早くても秋で、6カ月間以上かかる可能性もある。

 TPPの合意文書が全面公開されれば、環境保護団体や労組、消費者団体などから具体的な批判の声が上がるのはほぼ確実だ。ブッシュ前政権で通商代表部(USTR)代表を務めたスーザン・シュワブ氏は、「TPPの新たな全面戦争が始まるだろう」と予想する。米大手企業のほとんどはTPPを支持しているが、国内市場に特化した一部製造業は、安価な輸入品が流れ込むことを懸念して、反対するよう議員に働き掛け始めている

(以下略)




結局、やっぱり、TPA法案は可決となりました( ̄へ  ̄ 凸

アメリカ国内でTPP反対の声が大きいのは知ってるよ。

アメリカ最大の労組も反対で、TPA法案について議員に反対するように働きかけてることも、以前このブログで取り上げたしね。

でもさ、結局TPA法案は可決されちゃったでしょーよ。

なので、このWSJの記事に大きな期待は持っちゃーならねぇと、心の中でつぶやく自分がいる。

TPP賛成派議員たちが、あの手この手でTPP承認のために、動き回るんじゃないの?

大企業の後ろ盾もあってさ。

・・・・・・・・しかし・・・・・・・・TPP承認が遅れに遅れたら、そりゃいいよね。

そして、頓挫すんならなおいいよ。

なので、一応エールを送っときます、がんばれ〜!アメリカのTPP反対の人達!!!

今、佐伯啓思氏の「従属国家論 日米戦後史の欺瞞」という本を読んでいます。

別に安倍晋三批判の本ではないんだけど、安倍晋三に触れてる部分もありまして、その中からちょこっと紹介。



特に安倍首相の場合、「価値観外交」なるものの真意とは、せいぜい、アジアや中東諸国、さらにはアフリカまで含めて、経済上の利益を軸にして「日本の味方」を作っておこうという程度のものに見受けられるのです。



安倍外交がすごいと絶賛の信者さんも多数いようだけど、安倍首相の海外でのバラマキにつぐバラマキを見てて、佐伯氏の言うようにその程度にしか見えないんすよね。

お金をばらまいてもちょっとした情勢の変化で、他国の対応なんて簡単に変わっちゃうんじゃないのかな?と・・・・

安倍外交に深い外交戦略なんてあんだろか〜?



自由や民主主義の普遍性がアメリカの歴史観を前提としているのに対し、われわれはこの種の歴史観とはまったく無縁です。ユダヤ・キリスト教的背景もありません。そもそも戦後の日米関係は「同盟」などと呼べるものではないこともすでに見た通りです。

ましてや、「共通の価値観」によって強く結ばれた同盟などという自己欺瞞をいつまで続けるのでしょうか。安倍首相の「価値観外交」は、彼が脱却をはかる「戦後レジーム」の固定化につながりかねない危うさを持っているのです。



安倍首相のやってることは、あきらかに戦後レジームの強化っすよね。

もうさ、危うさレベル通り越してる感じ。

だから、言ってることとやってることが合致しない、支離滅裂総理なんだけども〜!

日米同盟強化をうたってる安倍ちゃんには、戦後レジームからの脱却なんて絶対に無理!

なのになんで信者さんたちは、安倍ちゃんをそこまで過大評価できるんだか・・・

理解不能でございます!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アメリカ、TPA法案可決・・・  目覚まし時計/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる