目覚まし時計

アクセスカウンタ

zoom RSS おやおや?米軍資料から南京大虐殺の真犯人が浮かんできましたね。

<<   作成日時 : 2016/12/30 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://ameblo.jp/don1110/entry-12232880516.html

http://blog-imgs-74-origin.fc2.com/k/o/y/koyanonezumi/20150628185806885.jpg

★Asiatic Fleet. Weekly Intelligence Summaries. 1938, January-April

96ページ (日本軍部隊が入城する前の中国軍・兵の様子)

The accounts of the capture of Nanking are far from Chinese defending general is said to have fled the city without even informing his staff.
南京防衛軍将軍が部下にさえ知らせず遁走したと言われているため、南京が攻略された時の将軍からの報告は得られていない。

The Chinese soldiers left on their own, looted and destroyed some of the city property and according to one account shot down many civilians and donned their clothing in order to escape.
残された中国兵は、掠奪したり市内の財を破壊した。
また報告に拠れば、多数の市民を銃殺し、逃走するために、殺した市民の衣服を身に付けた。

(初め訳文で「中国軍将校」としてたのですが「将軍」と修正しました。この時の中国軍将軍は唐正智であり、12月12日に遁走。
取り急ぎの翻訳なので随時直していきます。)

183ページ (12月10日 南京城内・城壁・揚子江河畔の様子)

http://blog-imgs-74-origin.fc2.com/k/o/y/koyanonezumi/2015070419415386f.jpg
General Tang asked our assistance in arranging the truce with the Japanese and Mr. Sperling agreed to take a flag and message but it was already too late.
He (Tang) fled that evening and as soon as the news got out disorganization became general.

There was panic as they made for the gate, Hsiakwan and the River.
The road for miles was stream with equipment they cast away- rifles, ammunition, belts, unifom, oars, trucks, everything in the way of army impediments.
彼らが城門、下関(区)、河(揚子江)に向かった時にはパニックとなった。
道には何マイルにも渡り彼らが投げ捨てていった備品が連なっていた。ライフル、弾薬、ベルト、軍服、オール、トラック、邪魔になる軍装品は何でも捨てられていた。

Trucks and cars jammed were overturned, caught fire; at the gate more cars jammed and were burned- a terrible holocast- and the dead lay feet deep.
渋滞したトラックと車はひっくり返され、燃え上がった。
門の所ではより多数の車がひっくり返り燃えており、酷い丸焼け状態であった。
死者の数は足元を埋めるほどだった。

The gate blocked, terror-mad soldiers scaled the walls and let themsefves down on the other side with the ropes,puttees and belts tied together,clothing torn to strips.
Many fell and were Killed.
門は閉鎖されており、恐怖に狂わんばかりの兵士らは、
ロープ、ゲートル、ベルトなどを結びあわせたり、洋服を引き裂いて紐状にして使い、壁をよじ登り向こう側に降りた。
多数が落ちて死んだ。

But at the river was perhaps the most appalling scene of all.
A fleet of junks was there.
It was totally inadequate for the horde that was now in a frenzy to cross to the north side.
The over crowded junks capsized; they sank; thousands drowned.
河の様子は、おそらく最も悲惨であった。そこにはジャンク(中国式木造帆船)船団がいたが、逃走の群衆が北の河畔に渡るには数が全く足りなかった。過積載のジャンクは転覆し沈没、数千人が溺死した。

Other thousands tried to make rafts of the lumber on the river front, only to suffer the same fate.
Other thousands must have succeeded in getting away,but many of those were probably bombed by Japanese planes a day or two later.
また別の数千人は河岸で材木から筏を作ろうとしたが、(転覆で溺れた者達と)同じ結果に陥るだけだった。
残りの数千人は無事逃げ果せたと思われるが、おそらく、その中の多くは1日か二日の内に日本軍機に爆撃されたであろう。

http://koyanonezumi.blog.fc2.com/blog-entry-384.html?sp

外務省さんしっかり調べてくださいね。www

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
おやおや?米軍資料から南京大虐殺の真犯人が浮かんできましたね。 目覚まし時計/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる