目覚まし時計

アクセスカウンタ

zoom RSS ガザの面積の半分が白リン弾の有毒ガスで覆われてしまいました。

<<   作成日時 : 2014/07/24 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51933999.html

ガザが大変なことになっています!
ガザのあちこちに(イスラエル軍により)白リン弾が投下されたことで、ガザ全体が白いガスで覆われてしまっています。白リン弾は有毒ガスで、なんでも焼き尽くしてしまうそうです。10万人の市民がガザから国連のシェルターに避難していますが、彼らを全員受け入れるスペースもなく。。。避難民はどこへ行けば良いのでしょうか。
本当に恐ろしい状態です。もはやガザには人が住める状態ではありません。ガザにパレスチナ人がいなくなったところで大勢のイスラエル人が移住してくるのでしょうね。それが彼らのやり方です。
イスラエル政府(シオニスト)は世界最悪のテロリスト集団だということが分かります。シオニストはイスラム過激派(ISISなど)を裏で支援しているのです。こんなことができるシオニストは多民族の大量虐殺を生きがいと感じているのでしょう。本当に酷い連中です。

http://beforeitsnews.com/israel/2014/07/breaking-new-massacre-right-now-almost-half-gaza-city-covered-with-white-phophorus-gas-2446566.html
(一部のみ紹介)
7月22日付け:

画像

(画像:7月23日に撮影)

ガザではイスラエルによる化学兵器の白リン弾の攻撃が激化しています(イスラエルは以前からパレスチナ人に白リン弾で攻撃していましたが。。。)。ガザのあらゆる方角に白リン弾が投下されているため、ガザの人々は白リン弾から逃げることもできません。メディアはガザの被害状況を一切報道しません。

画像


アメリカが支援するイスラエルによるパレスチナ人に対するアパルトヘイトと大量虐殺が7月7日から過去最悪の状態となっています。イスラエルによるガザ攻撃で640人ものパレスチナ人が殺害されました。その中には155人の子供たちが含まれます。犠牲者の多くが女性、子供、老人です。

白リン弾は強力な焼夷弾であり、衣服、燃料、弾薬、その他、可燃性のものを全て燃やしてしまいます。しかも周辺に酸素が無くなるまで燃え続けます。白リン弾の死傷者の身体は、酸で溶けたような状態になってしまいました。白煙を出す白リン弾は、特に歩兵の発煙弾(戦車に据え付けられた擲弾発射筒やミサイル発射装置などから発射する)として使われます。
イスラエルはDIME兵器など、癌を誘発させる爆弾をガザに投下しました。ガザの人々はイスラエルの攻撃から身を守るためにはイスラエルのハイテク兵器とは比較にならない兵器を開発しました。

イスラエルがいかに大量の武器や兵器を保有しているか。。。世界中が認識しています。 さらにイスラエルは核兵器も保有しています。イスラエルは、使用が禁止されている白リン弾などの癌を誘発させる爆弾を何のためらいもなく投下し続けています。

イスラエルは、2006年にも、レバノンに白リン弾を投下したことをイスラエルの政治家は認めています。

イスラエルが投下した白リン弾によりガザの面積の半分が白リンガスに覆われてしまいました。さらに、白リン弾が爆発しているとの情報も流れています。イスラエルによる激しい空爆によりガザの人々は泣き叫びながら逃げ回っています。
日曜日に、イスラエルの戦闘機が白リン弾や他の違法な爆弾をガザの至るところに投下していたことが確認されています。その結果、大勢の人々(その多くが女性、子供、老人)が犠牲になってしまいました。

イスラエルは2008年〜2009年にもガザに大量の白リン弾を投下しました。その結果、大勢の死傷者が出ました。
広島と長崎に投下した核爆弾は最も致死力のある爆弾ではありません。1945年3月9日に大量の焼夷弾が東京に投下され、一晩で10万人の日本人が殺害され、100万人が家を失いました。
1980年には、市民を焼き殺すような爆弾を使用するのは道徳的に間違っているとして、ジュネーブ会議でこのような爆弾を市民に投下するのを禁止しました。

現地のパレスチナ人や記者達は、イスラエルの戦争犯罪によりガザが完全に破壊されたことを伝えています。
中略

土曜日には、イスラエル軍がガザのShujaya周辺にフレシェット弾を投下し、100人のパレスチナ人が犠牲になりました。
現地で医療活動を行っているノルウェー人の医師は、多くの負傷者がDIME兵器によって攻撃されたと証言しています。

中略

画像


A displaced mother from the Shejaiya neighborhood in the Gaza Strip cuddles her baby daughter at the UN school where she and others have taken refuge after fleeing heavy fighting in their area, on July 21, 2014. (Photo: AFP-Marco Longari)


10万人以上のガザ市民が国連が設置したシェルターに向かいました。しかしこれ以上の避難民を受け入れるスペースはないとのことです。

イスラエルがガザ全域を陸海空から攻撃しているため、大量の人々がガザから逃げようとしています。しかしガザの境界線はイスラエルとエジプトの包囲攻撃により閉鎖されてしまいました。
イスラエル軍は大量の爆弾を投下し、ガザの市民を無差別に殺害しています。死傷者の多くが女性や子供たちなのです。
イスラエルの戦争マシーンに多額の支援金(米国民から徴収した税金)を送っているのがアメリカ政府であるということを忘れないでください。しかし全米のキリスト教会はイスラエルがガザ市民に行っている大量虐殺(戦争犯罪)を一切非難しようとはしません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ガザの面積の半分が白リン弾の有毒ガスで覆われてしまいました。 目覚まし時計/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる